コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサルサーチとは CONSULTANT SEARCH

コンサルサーチのフリーコンサルタントへの案件紹介の仕組み

問い合わせ頂いたクライアントの企業価値を向上させるために、フリーコンサルタントの能力を最大限に活かす仕組み・サービスを構築 コンサルティング案件を独立・フリーのコンサルタントに紹介
実施事項 コンサルサーチ(株式会社ワークスタイルラボ)の支援
コンサルティング業界の情報提供/フリーコンサルタント活用方法の説明 コンサルティング業界の市場全体の状況、実態、プレイヤーなど、コンサルティング業界の情報を提供し、どのようにコンサルタントを活用すればよいか?情報を提供します。

■具体的には・・・
  • コンサルティング業界の市場全体の説明
  • コンサルティング会社の分類や、コンサルティング各社の動きを説明
  • フリーコンサルタントの位置づけ、コンサルサーチ活用のメリット・デメリットの説明
クライアントの課題整理を手伝います もし経営課題に抜け・漏れがあると、着手すべきテーマが置き去りにされるため、思った通りの成果が出ません。着手すべき課題を正しく把握し、どの経営課題をコンサルタントに依頼するか?を考え、整理することが大切です。経営陣・役員や、経営企画室の支援をいたします。

■具体的には・・・
  • 課題が整理されていない場合に、クライアント様とディスカッションもしくは、ヒアリングとその纏め
  • ディスカッション・ヒアリングを通じて、課題の洗出しを支援
  • 網羅的に出された課題に、優先順位をつけ、着手すべき課題を特定
依頼すべきコンサルティングテーマの特定を支援します 課題整理を整理し優先順位をつけ特定した「取り組むべき課題」に対して、「いつまでに」「何のために」「どういう状態を目指すのか?」を検討。コンサルタントに依頼する依頼目的やプロジェクトのゴール、プロジェクト体制の検討を支援します。

■具体的には・・・
  • フリーコンサルタントを使うために、どの課題から手をつけるべきなのか?選定をする支援をします。
  • フリーコンサルタントを使って、どのように課題を解決するか?想定する支援をします。
  • フリーコンサルタントを使って、課題を解決すると何がうれしいのか?投資対効果の検討を支援します。
コンサルタントへの提案依頼作成を支援します フリーコンサルタントに提案を依頼する際の「提案依頼書」「見積り依頼書」の作成を支援します。どういった点に注意し、コンサルタントに依頼すればよいのか?ノウハウを持っていますので、そのノウハウを提供します。コンサルタントへの投資対効果が最大限になるように支援します。

■具体的には・・・
    • RFP(Request for Proposal:提案依頼書)の作成支援
コンサルタント選定を支援します 貴社のコンサルティングプロジェクトをリードするコンサルタントを、弊社のパートナー(フリーコンサルタント)から数名選定し、クライアントに提案します。一次選定については、クライアントの手を煩わすことなく、全て弊社が実施。もし、クライアントの意向に沿わないコンサルタントしか集まらない場合は、提案できるまで可能な限り提案し続けます。

■具体的には・・・
  • コンサルタントに案件情報を提供し、立候補するフリーコンサルタントを集めます。
コンサルタント面談・評価を支援します 職務経歴書など書類ベースで提案させて頂いたコンサルタントの中から、気に入ったフリーコンサルタントの何名かにお会い頂きます。お会い頂き面談・評価いただきますが、その評価に関してもクライアント様の立場で冷静にアドバイスをさせて頂きます。

■具体的には・・・
  • プロジェクトオーナーであるお客様とコンサルタントの打ち合わせを実施
  • ご面談・評価いただき、コンサルタントを決定。弊社は評価のポイントなどをお客様に助言
コンサルティング契約の支援をします 初めてコンサルティング契約を行うお客様などに対して、コンサルティング契約、業務請負契約、委任契約などの契約の支援をします。どういった点で合意しておく必要があるのか?お互いリスクを最小限に気持ちよく仕事をするためのアドバイスを提供します。

■具体的には・・・
  • お客様との契約時において、どういった点を詳細に合意しておくべきか?を助言
(プロジェクト期間中)プロジェクトが順調に進むようサポートします 場合によってはコンサルサーチ(株式会社ワークスタイルラボ)のスタッフが、週1回などの定例会に参加し、プロジェクトに関わります。

■具体的には・・・
  • プロジェクト定例会に出席します。
  • 進捗の遅れ、コンサルティング品質の低下に対し、随時対応します。
(プロジェクト期間中)コンサルタントが上手く機能しない場合 プロジェクト開始後、コンサルタントが期待値に沿わない場合

■具体的には・・・
  • 代替のコンサルタントの提案を行います。
  • 数100人のコンサルタントを抱えているため大体提案が可能です(ただし、コンサルタントの空き状況次第のところもあり、大体提案できない場合もあります)

6割がコンサルティング会社出身

コンサルタントの過去のキャリアは様々で、以下のようなコンサルタントが弊社にいます。
経営コンサルティング会社出身者が6割、大手企業出身者が4割です

写真

経営・戦略コンサルタント

戦略・経営コンサルティングファーム出身者、中小企業診断士など、経営全体を見れるマネジメントコンサルタントです。業界環境から戦略の策定、売上向上、コスト削減などを手掛け、高いビジネススキルをもち、ビジネスパーソンとしては優秀。マネジメントの課題を見つけ、解決するプロフェッショナルです。
「計画を立てるのは得意だが、現場での現場に弱い」との印象も持たれがちですが、最近は計画だけでは「成果を産まないと」考えるコンサルタントも多く、「実行支援」を得意とするコンサルも多いです。なお、実行支援とは現場社員と一緒になって「変革の実行まで行う」コンサルタントです。

写真

業務改革・ITコンサルタント

次にITコンサルタント。業務(オペレーション)を良くするコンサルタントですが、近年業務改革にITの活用は外せない為、業務改革コンサルタントとITコンサルタントは同じような意味で語られることが多いです。改革、近年ITを知らないことには企業経営を語れないことは多くなっていますが、特にその部分に特化したコンサルティングを実施してきた人たちです。大手コンサルティングファームで業務改革等をテーマに活動してきたコンサルタントが多数います。
経理会計業務領域、人事業務、物流・生産業務、顧客管理業務、営業管理業務など、各業務の効率化を提案し、時にはITを用いた提案をするコンサルタントです。

写真

会計・財務コンサルタント

また会計系のプロフェッショナルファーム出身者・税理士・会計士がコンサルタントをやっている方もいます。PL・BS・CFの財務諸表を見るのに強く、財務・ファイナンスに強みを持ったコンサルタントであるため、プロジェクトの収益性・投資対効果からの評価や、CFO立場からの助言などを得意とします。

写真

マーケティングコンサルタント

マーケティングという言葉は非常に幅が広いのですが、顧客ニーズを調査し新商品企画を行ったり、顧客の声を反映した売り方を検討するコンサルタントです。

写真

WEB戦略・ECコンサルタント

企業が商品販売・ブランディングなどのために、いかにインターネットを使っていくか?について専門的な知識をもち、アドバイスをするコンサルタントです。

お客様とコンサルの間に入り品質を管理。成果を最大化

コンサルサーチの仕組みと特徴

フリーコンサルタントを活用し、投資対効果を最大にするために

フリーコンサルタントに頼む時「責任もってやってくれるのか?」という不安があると思います。失敗のリスクを小さくするために、弊社がフリーコンサルタントとクライアントの間に入り様々な調整をします。定例会議に弊社スタッフが出席し、フリーコンサルタントが、クライアントに対し価値を十分に提供できるか確認をすることも多いです。これによりコンサルティングの成果を最大化します。

クライアント様に対して

お客様に対しては、フリーコンサルタントに対する要望をヒアリング、成果が最大限になるようにお客様をサポートします。

フリーコンサルタントに対して

フリーコンサルタントに対しては、お客様へ提供しているコンサルティング案件の状況を報告してもらい、上手くいっていない場合には適切なサポート、コンサルティングに対するノウハウの提供を行います。チームでコンサルティングを行う場合は相談相手がチーム内にいるため必要ないかもしれませんが、単独でコンサルティング案件をこなしている場合、相談相手がいない場合もあるため、ディスカッションパートナーにもなります。

コンサルの方法論を最大限に提供

フリーコンサルタントがコンサルティング会社や事業会社で身に着けた、経験・ノウハウを最大限に提供。場合によっては現場の社員にそのスキルを身に着けさせることも可能です。

・目的志向で、素早く最短の計画を立て、計画に基づき、最短距離でプロジェクトを進める
・素早く計画をたて、素早く実行し、超高速でPlan-Do-Check-Actionを回す
・定性情報、定量情報の両方を活用し、データ・事実を重視する