コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサルサーチとは CONSULTANT SEARCH

「独立/フリーで活躍する、優秀なコンサルタント」と「解決すべき課題を抱える企業」を結びつける事業です。

コンサルティング・ファームを経て独立で活動する若手・中堅のプロフェッショナルなフリーコンサルタントと、事業会社・コンサル会社・金融機関が行う(戦略立案、業務改善、BPR、人材育成、会計・財務、ファイナンシャルなど)各種プロジェクト案件をマッチングします。

サービス概要

企業の方のメリット



経営課題に対して適切なフリーコンサルタントを、必要なだけリーズナブルに活用できる

コンサルファームに依頼する30-50%の費用
経営課題はたくさんあるが、コンサルティング会社に依頼するまでの予算はない。まさに、そのような企業様に弊社コンサルサーチは、リーズナブルな費用で優秀なコンサルタントを提案します。

1000人のコンサルタントの中から最適な方を
コンサルサーチにはコンサルティング会社出身のフリーコンサルタントが数百人登録しています。彼らはコンサルティング会社に所属しているコンサルタントと同等レベルのスキル・ノウハウを持ちますが、フリーで活動している分、リーズナブルな価格でコンサルティングサービスを提供することが可能です。これがコンサルサーチの最大の特徴。

身近にいる方が、そのテーマのプロでしょうか?
経営者様がコンサルタントの活用を考える際には、まず周りにいる知り合いのコンサルタントに依頼したり、顧問税理士、弁護士に紹介を依頼しますが、果たしてそれで、ベストな人材を選定できていると言えるのでしょうか?戦略立案を会計のプロフェッショナルに頼むべきではありませんし、会計コンサルをITのプロに頼むべきではありません。

貴社のコンサルへの投資を無駄にしません
「コンサルタントに依頼する」という投資は小さく無いと考えています。その投資に、失敗してほしくはありません。コンサルタントへ依頼する100%満足するか?というとそうでもないのが現実ですが、コンサルティング業界全体のためにも「コンサルタントに頼むと成果が出る」という、成功確率を高めていく必要があると考えております。



コンサルサーチならではの「成果の出るコンサルタントのとマッチング」が可能

長年の経験ある当社が、成果の出るコンサル選定を支援しますコンサルティングの成果はコンサルタントによってもたらされます。だから我々は企業様のニーズに最適なフリーコンサルタント、成果を出せるフリーコンサルタントを選んで欲しいと考えています。

コンサルタントと企業が抱える課題のマッチングは重要です。テーマや社風、企業文化、企業規模等により、得意・不得意があります。経営者や担当者との相性の良しあしもプロジェクトの成功に関係してきます。自分の得意分野に当たった場合、コンサルタントは成果を出しますし、そうでない場合には、成果を生みません。たった数人の中から選んでいては、相性の合うコンサルタントは見つかりません。弊社は多くのコンサルタントを抱えています。そのためストなコンサルタントの提案が可能となっています。

クライアントとの長期的な信頼関係を第一に、コンサルタントとお客様の間で客観的な立場を取ります
弊社コンサルサーチは、コンサルタントの選定を第三者の立場から支援します。「フリーコンサルタントを使ってください」という強い提案を行うのではなく、本当にお客様のためを思った課題解決人材を提案します。成果が出そうにない場合は、無理に提案は致しません。 是非多数の中から最適なコンサルタントをご活用ください。

フリーコンサルタントの方の、こんな課題を解決します。


コンサルサーチ事業を立ち上げた当社代表は、コンサル会社を退職した後、半年間フリーコンサルタントとして活動。フリーのコンサルタントは案件獲得の営業活動を自らやらなければならず、稼働調整が難しいという課題を多くのコンサルタントが抱えているということに気が付き、それを解決する仕組みを作れればいいと考え、コンサルサーチを立ち上げました。そのため、独立後のフリーコンサルタントが抱える課題を理解しており、その課題に対して、様々な形で支援できればと考えています。


課題1:営業・新規開拓。
プロジェクトを行っていると、営業・提案・新規開拓する時間がない


⇒当社にコンサルタント登録することにより、新規クライアントの開拓ができる可能性が高まります

プロジェクトにアサインされていると忙しいため、新たなクライアントに提案していく時間がありません。それゆえプロジェクトが終わると、次のプロジェクト開始まで時間が空いてしまうこともあります。

そのために稼働率が低くなってしまい、単価を高くせざるを得ず、価格競争力がなくなり、コンサル案件がとりにくいという悪循環になることもあります。しかし、コンサルサーチに登録しておくと、当社がフリーコンサルタントの案件獲得活動(営業)を代行できるため、その心配が軽減されます。


課題2:稼働調整が難しい。
プロジェクトがない時は時間がある。一方、忙しい時に限って、条件の良い面白そうな案件が…


⇒登録は無料。しかしながら自らの稼働の調整につかえる

コンサル会社在籍時には、パートナーやマネージャーが、案件を取ってきて、部下のコンサルタントをアサインし稼働を決めてくれました。しかし、独立するとそのようなことがありません。独立して、その違いに気が付きます。当社に登録しておくと、稼働良性を失敗するリスクが軽減されます。


課題3:フィーの低い案件しか取れない…

⇒比較的、高額フィーの案件が多くあります

近年フリーで独立して活動するコンサルタントも増えてきており、それを活用する企業も増えてきたためフリーコンサルタントの「市場」が形成され、「市場価格」が設定されつつあります。当社で扱う案件は市場価格に応じた高額のものが多く、また当社のマージンもかなり良心的に設定しているため、独立後案件が取れずに買いたたかれているコンサルタント様に対しても、比較的高額フィーの案件を紹介することができます。


課題4:営業力
コンサル会社勤務時に営業をした経験がなく、営業・提案力が弱い。人脈・ネットワークが限られている


⇒当社が営業代行として動き、稼働する案件を見つけることができます

コンサルティングファームは通常の会社と違って、昇進し、年齢を経るするにしたがって「営業」のスキルを磨く必要があるため、20代~30代前半で独立する方は、営業を経験する機会がなく、営業スキルを持たずに独立する方も少なくありません。そういった方々に対し、当社が6年間かけて築いてきた500以上の提案先、ネットワークを基に、営業代行として動き、コンサルタントが稼働できる案件を見つけることが可能です。


課題5:独立起業を考えているが、顧客を獲得できるか不安…

⇒弊社のサービスを使った場合、どのくらいの期間かければ、どのぐらいのフィーの案件を見つけて来れるか?を回答することが可能

多くのコンサルタントと案件のマッチングを、数年間実施し続けました。そのため、独立の相談に来た方に対し、その方が「我々に任せていただけた場合、どのくらいの期間かければ、どのぐらいのフィーの案件を見つけて来れるか?」を回答することができます。独立の判断の材料にしてください




6割がコンサルティング会社出身

コンサルタントの過去のキャリアは様々で、以下のようなコンサルタントが弊社にいます。
経営コンサルティング会社出身者が6割、大手企業出身者が4割です

写真

経営・戦略コンサルタント

戦略・経営コンサルティングファーム出身者、中小企業診断士など、経営全体を見れるマネジメントコンサルタントです。業界環境から戦略の策定、売上向上、コスト削減などを手掛け、高いビジネススキルをもち、ビジネスパーソンとしては優秀。マネジメントの課題を見つけ、解決するプロフェッショナルです。
「計画を立てるのは得意だが、現場での現場に弱い」との印象も持たれがちですが、最近は計画だけでは「成果を産まないと」考えるコンサルタントも多く、「実行支援」を得意とするコンサルも多いです。なお、実行支援とは現場社員と一緒になって「変革の実行まで行う」コンサルタントです。

写真

業務改革・ITコンサルタント

次にITコンサルタント。業務(オペレーション)を良くするコンサルタントですが、近年業務改革にITの活用は外せない為、業務改革コンサルタントとITコンサルタントは同じような意味で語られることが多いです。改革、近年ITを知らないことには企業経営を語れないことは多くなっていますが、特にその部分に特化したコンサルティングを実施してきた人たちです。大手コンサルティングファームで業務改革等をテーマに活動してきたコンサルタントが多数います。
経理会計業務領域、人事業務、物流・生産業務、顧客管理業務、営業管理業務など、各業務の効率化を提案し、時にはITを用いた提案をするコンサルタントです。

写真

会計・財務コンサルタント

また会計系のプロフェッショナルファーム出身者・税理士・会計士がコンサルタントをやっている方もいます。PL・BS・CFの財務諸表を見るのに強く、財務・ファイナンスに強みを持ったコンサルタントであるため、プロジェクトの収益性・投資対効果からの評価や、CFO立場からの助言などを得意とします。

写真

マーケティングコンサルタント

マーケティングという言葉は非常に幅が広いのですが、顧客ニーズを調査し新商品企画を行ったり、顧客の声を反映した売り方を検討するコンサルタントです。

写真

WEB戦略・ECコンサルタント

企業が商品販売・ブランディングなどのために、いかにインターネットを使っていくか?について専門的な知識をもち、アドバイスをするコンサルタントです。