コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

活用事例 Case Study

【コンサルサーチ実例のご紹介】
外資系企業における連結パッケージ作成支援コンサルティング

  • 依頼元 アカウンティング部門様
        (某外資系メーカー日本法人)
  • 期間 継続的にご支援することになります

実例紹介 コンサルタント 外資系日本法人会計支援のプロ

野口五丈

本国へのレポートなど、グローバル会計対応やIFRS対応に困っている

グローバル会計パッケージ外資系 コンサルティング クライアントとなった外資系日本法人は、日本で事業展開を行いながら、海外の親会社に月次、年次で所定のフォーマットでの連結パッケージ(財務データ)を報告する必要があった。海外の親会社は、決算前に外資系日本法人向けにインストラクションを送付し、決算では、このインストラクションに基いて連結パッケージを作成することになった。ただし、インストラクションは多くの場合IFRSの理解を前提としていた。

⇒外資系日本法人のアカウンティングスタッフは、必ずしもIFRSに慣れ親しんでいるわけではない。
そこで、IFRSの理解に基いてインストラクションを読み解き、親会社の求めている連結パッケージの作成を支援した

グローバル会計対応のため、コンサルティング支援をします

IFRS コンサルティング● 親会社から配信された直近のインストラクションの確認
● 実際に作成された直近のパッケージの分析
● 対象事業年度の会計帳簿及び決算書の分析
● 会計基準の日本基準からIFRSへの調整




マネジメント向けレポートや、連結パッケージの対応などを実施します

● 対象事業年度の連結パッケージの作成
● マネジメント向けレポート作成
● 報告会での報告

実施のポイント


★ 連結パッケージの提出期限は非常にタイトなので(12月決算で1月10日前後)、外資系クライアントに対しては特にスピーディーな対応をすること

★ 会計基準の日本基準からIFRSへの調整については、海外親会社の規模とインストラクションの内容を考慮し、日本法人にとって過度の負担とならないよう調整すること



少しでも興味を持たれた方は、
以下のフォームからお問い合わせください。

コンサルサーチのご説明にうかがわせて頂きます。
その場で状況を伺わせていただき、必要であればコンサルタントの提案をさせていただきます。
コンサルタントの提案は無料です。

課題等が具体的でなくても構いません。
コンサルタントの活用方法のポイントなどのご提供、
またディスカッションさせていただくことも可能です。お気軽に。

お名前*
会社名*
部署名・役職*
メールアドレス*
内容

本件に関するお問い合わせはこちらのフォームから。もしくはinfo@workstyle-lab.comにメールください

一覧に戻る