コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

活用事例 Case Study

【コンサルサーチからのご提案】
ソーシャルメディア活用によるプロモーション企画と実施

ソーシャルメディア活用は、比較的新しい分野。どの企業にも当然、経験者はいないことが多い

ソーシャルメディア活用コンサルティング 現状、集客がマス媒体、リアル媒体であり、WEBの活用が進んでいない 社内にWEBやソーシャルメディア分かる人材、プロモーションを経験したことがある人材がいない

⇒ソーシャルメディア活用は、比較的新しい分野なので、どの企業にも当然、経験者はいないことが多く、企画・運用に関する外部人材の活用、アウトソーシングのニーズは多い

ソーシャルメディア活用の要点を抑えた戦略を企画、実行に移す

■ソーシャルメディア活用戦略の立案
・過去のWEBアクセス分析 貴社からの提示データを基に過去のWEBマーケティングを分析
・活用媒体(twitter、facebookなど)の決定
・目標値を定め、広告費用の目途を提示

■自社ソーシャルメディア立ち上げ
・自社運営媒体の運用目的の確認
・他社FBページ運用調査 「どんなFBページが共感を得ているか?」「他社の良い部分は?」などを調査分析。
・運用方針決定 「どういう記事を載せていくか?」「 どういうことは絶対やらないようにするか? 」運用方針を決定、確認
・先1か月分の掲載記事の準備。運用開始前に1か月分程度の掲載記事について事前準備をする
・FBページ作成 Facebookページを準備し、広告の申し込み

■ソーシャルメディア運用
・構築したページに上記6で準備した記事を毎日書き込みながら、アクセス数、広告費、投資対効果等を管理
・月次報告 1か月運用を行っての状況・成果、改善点報告および、広告費も含めた次月の運用について提案

これまでとはタイプの異なる顧客の獲得に有効なこともある

●ソーシャルメディアの活用により、親近感をもってもらいやすい。“自分ごと”としてとらえてもらいやすい。わかりやすく伝えることができる。

●伝播力がつよいため、話題のある製品、話題そのものについては伝播しやすい。また企画系の内容については企画が進めやすい、企業同士のコラボを実施しやすいなど。

●ニッチなビジネスにおいては、「ニッチ」な商品のコアファンの友達から、今までそのような分野に特に興味のなかった友達の興味を喚起できる可能性がある。

実施のポイント

★直接的な効果と、間接的な効果を分けて考え、各企業に合ったソーシャルメディア運用目的を設定する

★直接的な効果を狙う場合には、ソーシャルメディアを通じ質の良い問い合わせを増やし、その問合せを確実に契約まで結び付けられるプロセスを構築する。「①問合せの絶対数増加」、「②質の良い問合せ割合の向上」、「③問合せから契約に至る確率の向上」の3つが重要

★間接的な効果を狙う場合には、持続的に話題性の高いトピックを掲載してくことが基本だが、どのようなトピックを掲載することで競合他社との差別化ができ、際立つかを徹底的に検討する。

★KPI(Key Performance Indicator)を定めて、超高速にPDCAを回す



少しでも興味を持たれた方は、
以下のフォームからお問い合わせください。

コンサルサーチのご説明にうかがわせて頂きます。
その場で状況を伺わせていただき、必要であればコンサルタントの提案をさせていただきます。
コンサルタントの提案は無料です。

課題等が具体的でなくても構いません。
コンサルタントの活用方法のポイントなどのご提供、
またディスカッションさせていただくことも可能です。お気軽に。

お名前*
会社名*
部署名・役職*
メールアドレス*
内容

本件に関するお問い合わせはこちらのフォームから。もしくはinfo@workstyle-lab.comにメールください

一覧に戻る