コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

活用事例 Case Study

【コンサルサーチからのご提案】
顧客データの収集分析を通じた効果的なマーケティング検討プロジェクト

顧客のニーズを細かく掴み、分析、洞察。ニーズ・ウォンツを把握する

マーケティング 顧客データ店舗に来店して頂いている顧客像を、掴み切れておらず、顧客獲得のためのマーケティングで、さらに効果的なマーケティング施策を企画実施することができると考えている。

各店舗毎に注文商品の動向と商圏内の既存・新規や顧客になり得る潜在層の特徴やニーズを 定量的に測る仕組みを導入する必要がある。しかしながら、どのようにして顧客データを収集すればよいのか?分からない。

収集した情報を、分析し、活用し、顧客への最適な販促や、ニーズにマッチした商品企画・開発を実施する仕組みを導入する必要があるが、社内に考えられる人材がいない。

顧客データ収集分析し、仮説構築とその検証を行う仕組みを作る

マーケティング 顧客データ■情報収集・データ分析
データ分析と顧客インタビューなどから得た意見や感想から顧客ニーズを洗い出し、新商品の企画・開発や既存の商品の改良に活用する。詳細な顧客データが存在しない場合は、その収集から実施することとなる。どのような顧客がどのような商品・サービスにいくらのお金を使ったか?など。飲食店であれば、顧客セグメントもしくは、メニューごと等に分析できるとよい。

■顧客に対する施策の立案・実施
データ分析により見えてきた顧客像、顧客特性、会員特性(来店頻度や購入履歴など)に応じた施策を検討する。クーポンを提供などもその一例。顧客によって進める商品を変えるなどもあり得る。

■PDCAの実施と仕組化
顧客の観察、データの分析は常に行う。仮説を立てて実行して、確認して、次の施策に活かす。その文化を組織の中に定着させると同時に、データ収集の仕組みなども企業の中に盛り込む。

「顧客」起点の行動をとることができるように

マーケティング 顧客データ商品・販促動向情報と顧客動向情報を自社システム内に収集・分析することで、より個々の顧客の特徴やニーズに合った施策の立案・実施が実施できる。





実施のポイント

★商品・販促動向がわかる情報が活用され始め、各商品レベルでの売れ行きを把握することが可能とななっている中、データ処理・分析技術の進化により、現在では商品・販促動向や顧客動向を知るため、 以下のような情報(データ)の収集・利用が現在では可能となっている。様々な企業が上記のデータを自社ビジネスに活用する術を検討・導入している

★商品動向情報(POSデータ)のみでは、「いつ」、「どの店で」、「どの商品が」、「いくらで」、「いくつ」、「誰が」を特定することにより、顧客それぞれの特徴(属性・行動特性)や趣向の理解が高まり、定量的なデータを基にOne to Oneの施策を検討する

★昨今のソーシャルメディア等の発達により顧客および顧客の周辺人物含め、商品・サービス利用外での生活スタイルから価値観・趣向などもより深く理解する



少しでも興味を持たれた方は、
以下のフォームからお問い合わせください。

コンサルサーチのご説明にうかがわせて頂きます。
その場で状況を伺わせていただき、必要であればコンサルタントの提案をさせていただきます。
コンサルタントの提案は無料です。

課題等が具体的でなくても構いません。
コンサルタントの活用方法のポイントなどのご提供、
またディスカッションさせていただくことも可能です。お気軽に。

お名前*
会社名*
部署名・役職*
メールアドレス*
内容

本件に関するお問い合わせはこちらのフォームから。もしくはinfo@workstyle-lab.comにメールください

一覧に戻る