コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

活用事例 Case Study

外食業における本部の店舗マネジメント機能強化コンサルティング

  • 依頼元 経営陣・経営企画部・店舗支援部門
  • 期間 計画策定1~2カ月、実行支援3か月~1年以上

コンサルタント

諸事情により非公表

背景・課題・ニーズ

外食チェーン 本部 強化 店舗支援 コンサルティング● 20~30店舗程度になってきて、本部の役割が大きくなってきた。これまでは店舗に任せていればよく、「本部」が機能していなくても売上利益とも伸びてきたが、今後各店舗を本部が支援することで、今よりも効率的・効果的な運営が可能になると考えている。

● また、本部機能を充実させることで、さらに店舗数を増やしていく可能性が高まり、本部機能の強化は売上利益の拡大の第一歩だと考えている。

● 現在は、店舗の運営は店舗に任せきりとなっており、次のリーダーを会社として育てる仕組みが整っていない。人を採用するにしてもスーパーバイザーなど、店長以上の職層を提示できていない。店長に対して次のキャリアパスを示す事ができていないこともあり、また会社としての成長するチャンスをつかむ事も十分にできていない

● この状況からの進化を図るべく、御社では本部機能の強化や、店舗支援・店舗マネジメントの強化を図る事を検討している

● 店舗業務を本部で引き取るのではなく、本部の業務自体をより筋肉質なものへと変える事を狙っている

実施事項・施策

外食業本部マネジメントコンサルティング活動全体像 フェーズ1:改革プラン策定
本部の役割・機能・業務の整理を実施し、本部の機能を強化目指すための改革プラン策定を1~2ヶ月で実施。具体的には以下の項目に関し、データ収集・現場ヒアリングなどを実施

目的の整理
□ 何のために「やり方を変えること」が必要なのか
□ 本当に、本部による店舗支援業務が必要か?

全体目標の設定
□ 議論の上、3か月後、1年後に目指す姿を大まかに設定する

店舗業務の本部への移行プラン策定
□ 店舗業務の調査
□ 本部に移行しうる業務の洗い出し
□ 移行業務の決定
□ 業務プロセスの設計

本部業務強化のプラン策定
□ 本部業務の調査
□ 強化対象業務

外食チェーン 本部 強化 店舗支援 コンサルティングフェーズ2:改革プランの実行
数か月~1年かけて改革プランを実行に移していく。
□ トライアル実施
□ 効果の検証
□ プランの修正
□ 本運用

フェーズ3:更に出てきた課題に対して取り組む
□ SV機能・体制の検討
□ 幹部人材向制度設計
□ 本部機能の更なる強化
□ 新規事業
・・・など

外食チェーンにおける本部機能とは?:
店舗を支援する機能や、本部が一括して担った方が効率的である機能を本部が実施する。テーマとしては、食材調達機能の一括化(によるコスト削減)、店舗スタッフの募集、顧客獲得のための広告宣伝(クーポン施策など)、効率的なITツールの提供などが考えられる。
一方、本部の力が強くなると、逆に本部に頼りすぎて「店舗力が落ちる」という負の側面がある。店舗力が落ちるとは、店長や店舗スタッフが「本部に任せておけばよい」という発想になってしまい、店舗自信での提案や改善を行なわなくなったり、本部に提案や改善案を提案しなくなったりする。店舗業務のマンネリ化やモチベーションの低下にもつながりやすい。本部と店舗の役割をバランスよく保つ改革を行うことが重要である。

支援の成果・効果

本コンサルティング支援の効果として

1.本部機能・組織・人材の強化

2.事業課題の解決

の両方を狙います

実施のポイント

改革の実施体制をどうするか?
本部社員および店長の活動への巻き込みや、リーダーを任せることなどにより、人材の強化も狙うことも可能。以下の2つの実施体制が考えられる。企業が置かれた立場などにより、どういった体制で進めていくかを検討する。

パターン1:コンサルタント主導でプロジェクトを進める
定量的な調査もある程度織り交ぜ、「あるべき姿」「強化プラン」を提示。クライアントは情報提供及びディスカッションに協力

<このやり方の利点と欠点>
○ コンサルタント主導で実施。確実にプランは完成
○ 比較的詳細なプラン策定が可能
○ コンサルタント主導で実施。確実にプランは完成
◎ クイックに計画策定が可能
○ 貴社社員を巻き込みながら、実行可能なプランを策定できる

パターン2: 貴社社員でプロジェクトチームを組成。コンサルタントはアドバイスを実施する。
貴社にて組成したプロジェクトチームに対し、定期的なアドバイスを実施

<このやり方の利点と欠点>
○ 貴社社員が主導で実施するため、同時に人材強化も狙える
○ 社員がプランを策定するため、アウトプットへのコミットが高まる
△ 質の高いプランができるか?は社員の能力次第
× 時間がかかる

本件に関するお問い合わせはこちらのフォームから。もしくはinfo@workstyle-lab.comにメールください

一覧に戻る
コンサル業界ニュース コンサルに関わる人のニュースを毎日発信 お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください