コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

活用事例 Case Study

【コンサルタントの支援事例】
事業戦略を自社組織で策定し、実行していける組織への変革支援

「戦略や中期経営計画を策定してほしい。ただし最終的にはコンサルタントに頼らず、社員自らで戦略を策定し、実行、振り返る企業体質を構築したい」という依頼がありました。

事業計画書の策定 社員自らで全社戦略や事業戦略を策定し、その戦略を自ら実行し、期末には振り返りを行うことにより、成長していける企業体質(組織文化・体制・仕組み)を構築したいというクライアント

● 昨年より事業戦略策定・見直しのプラットフォーム作りや、事業戦略策定・見直しの業務プロセス設計、関連ドキュメンとの整備に取り組んできていた。

● しかし昨年度の取り組みでは、“戦略”の意味合いがメンバーによって異なるなどの原因により上手く進まなかった。そのため、取りまとめ役として外部のコンサルタントへの依頼を検討していた

●全てをコンサルタント主導で進めるのではなく、最終的には、事業戦略策定・見直しの活動が、自社の社員の手で行えるようになりたいと考えているため、社員に対する教育・研修も期待しているとの要望もあった。


「事業戦略の策定・実行できる組織作りプロジェクト」を提案。まずプロジェクトの目的を明確にした。

事業計画書の策定 目的は「事業戦略策定と実行を、社員自らが自律的にできる組織となるための仕組みを整え、担当する社員が戦略策定のスキルを強化し、PDCAを回せる組織になる」こととした。。

次に、どういう状態に至ればプロジェクトが「成功した」といえるのか?目標とするプロジェクトの到達点(ゴール)を2つ決定。

【PJのゴール1】事業戦略立案・実行・振り返りの仕組みが構築され実行されている。
● (前年度の反省を踏まえ、次年度の計画を立て、実行し、自律的に成長していく) 年間でのPDCAを回せる組織・体制となっている。

【PJのゴール2】事業戦略を立案できる人材が育っている。
● PDCAにおけるPLANにおいては、各事業部リーダーが中心になり、変化する事業環境を踏まえ、前年を振り返り、年間の事業戦略を策定・見直しできるようになっている。

そのゴールに向かうためにプロジェクトの全体的な進め方を描いた。3フェーズに分け計画/実行することとした

フェーズ1:プランニング、および、1事業部の事業戦略策定(パイロット実施)(3カ月)
フェーズ2の目標到達点:
● 1事業部の事業戦略がパイロット版として策定されている。
● 現状分析:3C、PESTなどの分析実施
● 戦略オプション立案:オプションの抽出だけでなく、優先順位決めも含む。
● 実行計画への落とし込み:アクションプラン策定、KPI策定
● パイロット版として策定した事業戦略に添って形で、他の4事業部が社員自ら事業戦略立案ができる見込みが立つ(各事業部の責任者が前向きに合意している)。
● 事業戦略・全社戦略に対しての理解・認識が共通になる。
● フェーズ2で作成する事業戦略の内容・項目が具体的に合意されて、進め方が合意されている。
● 事業戦略立案~振り返りに関する年間を通じたPDCAのマネジメントサイクルが策定されている(KPIモニタリングの仕組みなども含む)
● 毎年、どの程度の時間をかけて、どういう体制で、どう議論するか?なども想定されている。
● 推進する体制(事務局)や、役割が定義され、合意されている。

フェーズ2:実施事項:全事業部の事業戦略の立案。そのための教育および研修
フェーズ2の目標到達点:
● 目標到達点:
● 5つの事業部の事業戦略が、事業戦略が社員を中心に策定されている。
● 事業戦略立案に関わる社員(15名程度)が、フェーズ1でプランニングされた内容について理解している。
● 策定した事業戦略が経営陣との間で合意されている。
● (ここまで実施するかは今後検討)各5事業部の事業戦略を踏まえ、会社全体の企業戦略との整合がとれている。

フェーズ3:実行フェーズ
● 事業戦略進捗のモニタリング実施
● 2015年度に構築した仕組みの確認・不備修正
● 今年度策定の戦略振り返りおよび、次年度事業戦略の立案の実施

実施のポイント

こういった「最終的には、コンサルタントに頼るのではなく、自社でできるようにしたい」という要望は多い。こういった要望に応じるコンサルタントも多い。最初はコンサルタントが伴走するが、その伴走する間に、ノウハウも吸収し、人材スキルも向上させ、最終的にはクライアント自身が強くなる。理想的なコンサルの形であると考えます。



少しでも興味を持たれた方は、
以下のフ ォームからお問い合わせください。

コンサルサーチのご説明にうかがわせて頂きます。
その場で状況を伺わせていただき、必要であればコンサルタントの提案をさせてい ただきます。
コンサルタントの提案は無料です。

課題等が具体的でなくても構いません。
コンサルタントの活用方法の ポイントなどのご提供、
またディスカッションさせていただくことも可能で す。お気軽に。

お名前*
会社名*
部署名・役職*
メールアドレス*
内容

本件に関するお問い合わせはこちらのフォームから。もしくはinfo@workstyle-lab.comにメールください

一覧に戻る
コンサル業界ニュース コンサルに関わる人のニュースを毎日発信 お問合せ プロフェッショナルを探す企業の方はこちら コンサル登録 スキル・ご要望にマッチした案件情報を随時ご紹介いたします 独立のご相談 独立や起業を検討されている「検討中」の皆様も、是非、弊社にコンタクトください