コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

活用事例 Case Study

【コンサルサーチからのご提案】
事業承継戦略検討コンサルティング (承継プランの策定と実行支援)

多くの会社が「後継者問題」で悩みを抱えています

事業承継 フリーコンサルタント 依頼■ オーナー社長の後を継いでくれる「後取り」の候補がいなくて困っている
・オーナー経営者が株を手放したい
・株式譲渡にかかる税務や、誰が引き継いでくれるか?という引継ぎ先の検討を進めたい
・社内から人を選び、継承させたい。その際に株式も承継するか検討したい。
・社内には任せられそうな人材がいないので、広く後継者としての人材も検討したい。


■ 事業を継続させ、発展させてくれる人物・会社に後を託したい
・これまで頼ってきてくれた顧客に迷惑をかけたくなく、引き続き、サービス、商品を提供したい。
・「想いとして」せっかく作り上げ、育ててきた事業をゼロにはしたくない。会社として永続的に存続させていってもらいたい。 ・従業員、ステークスホルダーが納得する継承者に跡を継がせたい。

事業承継計画を考え、実行をする支援を、コンサルタントが行います

● プランニング(承継計画の策定)
・継承戦略立案については、議論となる点を整理し、経営者の思いを踏まえ、目標、ゴールを設定する。いつまでに継承し引退するのか?
・経営者の思い、金銭的な面、ステークホルダーの満足度など、すべてが思い通りになる事業継承になるに越したことはないが、もし、何かを犠牲にしなければならない場合、絶対に譲れないものは何か?など優先順位を考えておく。

● 事業継承計画の具体化
・事業の意思決定をする、代表取締役を誰に引き継ぐか?を検討。具体的に選択肢を列挙、優先順位をつけ、順に検討していく。 ・社内からの昇格で社長を決定する場合もある。その場合、その人物が次期社長として経営を引き継いだ場合に、能力的に問題ないかを検証。能力的に何かしらの問題がある場合には、事業承継がなされる時期までにその問題点を取り除くような計画を立てる。また、そもそもの本人の意思確認についてもどのように進めるか?はさまざまである。
・株式を社外の誰かに譲渡することをかんがえる場合、コンサルタントおよび、コンサルサーチの持つネットワークなどを最大限に活用し、売却先候補を検討する。
・こうった戦略の実行支援については、コンサルタントが実際に各所と連携しながら、PDCAをゆっくり回す。実際には戦略を変更せざるを得ない点も出てくるが、その点は臨機応変に対応していく。

事業承継 フリーコンサルタント 依頼 ● 事業承継の実施
・株式譲渡時の税金面で悠里になるための検討など、専門の税理士と話し合いながら実施することにより有利になる場合があるため、そういった面での検討も支援します。




実施のポイント

★「株式等も含めた保有資産への対応」、「経営権も含めた経営基盤の引継ぎ」の大きく2つの議論点がある。

★経営基盤においては、経営人材の発掘、経営人材選定のサポートを実施。社内外から最適な人材を経営者の思いを踏まえながら選定。経営権を継承していく。

★経営者引継ぎ計画の立案し、それに従い徐々に継承していく。

★経営者引継ぎサポートも行います。後継者がご子息など、すでに検討されている場合、ご子息の支援。

★企業譲渡やM&Aといったこともある。そういった議論にも対応ができるコンサルタントに担当してもらうことが重要。

★単に税金の問題だけでなく、オーナー家の想い、後継者の問題、複雑に絡み合う人間関係や会社の将来の事業展望も含めた問題であるため、クライアントが求めるものを理解し、ニーズに合わせて多様な施策を検討できる人材に担当してもらうことが重要。



少しでも興味を持たれた方は、
以下のフォームからお問い合わせください。

コンサルサーチのご説明にうかがわせて頂きます。
その場で状況を伺わせていただき、必要であればコンサルタントの提案をさせていただきます。
コンサルタントの提案は無料です。

課題等が具体的でなくても構いません。
コンサルタントの活用方法のポイントなどのご提供、
またディスカッションさせていただくことも可能です。お気軽に。

お名前*
会社名*
部署名・役職*
メールアドレス*
内容

本件に関するお問い合わせはこちらのフォームから。もしくはinfo@workstyle-lab.comにメールください

一覧に戻る