コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

活用事例 Case Study

【コンサルサーチからのご提案】
経営診断および、取り組むべきプロジェクト課題設定のコンサルティング

コンサルタント、外部の専門家、、、使ってみたいが、何を依頼していいかわからない…!

取り組むテーマ、経営課題、コンサルティング● コンサルティング会社や、コンサルタントに依頼しようと考えているが、何を頼んでよいか決めかねている。

● 既存事業の改革、営業拡大、新商品開発、新規事業開発、コスト削減…など、社内にはやるべき課題がたくさん山積みされているとおもうが、整理されていないし、優先順位がついていない。

● 課題を解決した時の効果が読めないため、外部のコンサルティングにどれだけの投資を行うべきか、決めかねている。

● 外部の目から、経営診断をしてほしい。他社との比較などを期待する。


経営診断とは?:会社の現状を総合的・客観的な立場から把握・評価すること。あるべき姿と比較し問題や課題を炙り出す事もある。通常、第三者が客観的に診断し、アドバイスする。コンサルタントに依頼する際にまず実施するとよい。

課題を洗い出し、整理し、優先順位をつけ、順に取り組みます

取り組むテーマ、経営課題、コンサルティング経営診断を実施する。具体的には、経営課題を整理、優先順位をつけ、どの課題に取り組むべきかを決定する。中小企業では2週間~1か月程度で実施する。経営診断において、クライアントはヒアリングへの協力や、経営に関するの各種データの提供等を行うことが必要。

■情報の収集・整理・分析作業
・過去5年の売上・利益、組織や人員の推移、お客様毎の売上を分析する。
・経営全般、売上向上、コスト削減、既存事業推進、新規事業、人事組織に関する課題など、整理してまとめる

■ヒアリングの準備・実施まとめ
・まずは経営企画部門に、全般的なお話を伺い、どなたにヒアリングをするかを決定
・その後、役員やキーパーソン等、必要に応じヒアリング時間を設定し、ヒアリングを実施する。

■情報のまとめや、アウトプットの作成
・洗い出された各課題について、各課題の「緊急性、解決による効果、解決の難易度」などを評価し、優先順位をつける

■プロジェクト準備
・フェーズ2で3か月程度のプロジェクトとして解決するテーマを3~5決定
・課題解決の責任者を選ぶ
・いつまでに、どのように解決するか、目途づけ
・課題解決スケジュールを策定

課題は尽きることはありません。
経営の仕組みとして、課題管理、リスク管理などの仕組みを、一緒に構築しましょう

取り組むテーマ、経営課題、コンサルティング本テーマにおいてコンサルタントが支援をすると、以下のような内容が成果となります。常に経営課題を把握、優先順位をつけ、取組み状況をモニタリング。また、リスクを把握しておくことは重要で、そのような仕組みを会社のマネジメントシステムとして組み込めるまでコンサルタントが支援します

① 課題一覧(整理され、優先順位を付けた状態)
・経営に関する課題が洗い出され、整理されている
・経営課題に優先順位がついている

② 次フェーズで課題解決を実施するプロジェクトの選定(担当者設定含む)
・フェーズ2で解決に取り組むいくつかの課題について、「いつまでに・だれが(課題担当者)・どのように解決するか?」が決められている

③ ベースケースの売上利益将来予測
・課題に取り組まない場合に、成り行きのまま経営を行った場合の収益売上および、利益の予測をします。
・課題に順次取り組み、施策を適切に実施した場合の売上および利益に対する効果を試算し、課題に取り組む効果を試算します。

④ 経営リスク整理
・経営にはリスクが付き物ですが、リスクを整理します。
・リスクが顕在化した場合のインパクトなども重要度を評価します。


※次フェーズでは経営課題を解決するフェーズに取り組むとよい、取り組み方はいくつかある。例えば①クライアントの社員が課題解決のリーダーとなり、主体的に課題を解決。コンサルタントは、課題解決リーダーを支援する、②コンサルタントが主導し、現場のヒアリングやデータを基に原因を究明。施策を検討。解決策を考え実行に移すなど。

実施のポイント

★自社の中から「データ・資料」と「ヒアリング」の”事実”に基づいて課題を整理する。

★課題を整理する時は、漏れが無いことが重要

★次フェーズで課題に取り組むことを念頭に入れ、適度な大きさの課題ごとに整理する。

★課題の優先順位の付け方は基本的には、解決時の効果と解決のしやすい課題の優先順位を上げるべきであるが「意志」(会社の方向性との合致度など)を入れることも重要



少しでも興味を持たれた方は、
以下のフォームからお問い合わせください。

コンサルサーチのご説明にうかがわせて頂きます。
その場で状況を伺わせていただき、必要であればコンサルタントの提案をさせていただきます。
コンサルタントの提案は無料です。

課題等が明確でなくても構いません。
コンサルタントの活用方法のポイントなどのご提供、
またディスカッションさせていただくことも可能です。お気軽に。

お名前*
会社名*
部署名・役職*
メールアドレス*
内容

本件に関するお問い合わせはこちらのフォームから。もしくはinfo@workstyle-lab.comにメールください

一覧に戻る