コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチ CONSULTANT SEARCH コンサルサーチは「プロフェッショナル」と「必要とする企業」を結ぶ事業です

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタント向け転職情報 THINK CAREERコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners

コンサルデータベース Data Base

野口五丈公認会計士事務所 / 代表公認会計士 野口 五丈

プロフェッショナルとして…

外資系クライアントへの支援に強み。親会社所在国の会計慣行やIFRSなどを理解し、外資系日本法人の連結パッケージの作成又は監査をサポート

コンサル事例はコチラ 実例: 外資系企業における連結パッケージ作成支援
専門分野 1. 外資系企業支援 (連結パッケージ作成支援、レポート作成支援、Expatの確定申告)
2. 決算・開示支援
3. 金融円滑化法終了に伴う事業再生支援
専門業界 1. アパレル
2. 広告
3. IT
経験してきたテーマ 事業再生、金融円滑化法終了に伴う事業再生支援、デュー・ディリジェンス、バリュエーション(株価算定/合併比率算定)、法人向け税務顧問(法人税等の申告、記帳代行)、会社設立支援、学校法人監査、幼稚園監査、会社法監査、再生可能エネルギー固定価格買取制度の減免申請に係る確認、外資系企業支援 (連結パッケージ作成支援、レポート作成支援、Expatの確定申告)、海外進出企業支援 (英文財務諸表作成支援、海外入札における決算書の監査)、医療法人支援  (医療法人設立、税務申告、記帳代行、給与計算)、株式公開支援(IPO)、決算・開示支援、IFRS導入支援、内部統制構築支援(J-SOX)
経験してきた業界 広告業、アパレル業、IT企業、製造業、不動産業、土木業、医療法人、美容業、光学、商社、人材派遣、映画、薬局
得意なスタイル 売上数十億円~数百億円の企業に対して、顧問型で一人でクライアントに入り込んでコンサルする形態が得意
活動エリア 東京在住。全国、海外への出張可能
生まれ年 1982年
ホームページ http://itsutake.com/
ソーシャルメディア facebook 
資格など 公認会計士、税理士

インタビュー聞き手:株式会社ワークスタイルラボ 真貝 豪 | 2012年11月21日

野口さんは、公認会計士・税理士ではありますが、何に強みを持った、どのような分野が得意な、公認会計士・税理士なんでしょうか?他の方と比べ何が勝っていると思いますか?

他の公認会計士・税理士と比べて、外資系クライアントへの支援に強みがあると考えています。

外資系クライアントの特有のことってあるんでしょうか?

外資系日本法人は、日本で事業展開を行いながら、海外の親会社に月次、年次で所定のフォーマットでの連結パッケージ(財務データ)を報告する必要があるのですが、言葉の問題だけでなく、親会社の所在国の会計慣行やIFRSなどを理解していないと、連結パッケージをタイムリーに報告することは難しくなります。現在、大手から中堅およびスタートアップ期の外資系日本法人の連結パッケージの作成又は監査をサポートさせていただいております。

そのような外資系の企業からどのような依頼のされ方をするのですか? 具体的なテー的なテーマや、ご自身が提供している価値、クライアント企業様が抱えている課題などがありましたら教えてください。

外資系クライアントが抱えている課題に、IFRSの理解があります。 海外の親会社は、決算前に外資系日本法人向けにインストラクションを送付します。 決算では、このインストラクションに基いて連結パッケージを作成することになりますが、インストラクションは多くの場合IFRSの理解を前提としています。 しかし、外資系日本法人のアカウンティングスタッフは、必ずしもIFRSに慣れ親しんでいるわけではないので、その点サポートが欲しいという依頼をされます。 そのため、「IFRSの理解に基いてインストラクションを読み解き、親会社の求めている連結パッケージを作成すること」、これが私の提供している価値だと考えています。 また、連結パッケージの提出期限は非常にタイトなので(12月決算で1月10日前後)、外資系クライアントに対しては特にスピーディーな対応をしています。 当たり前のことですが、外資系クライアントにとってはこれもひとつの価値だと考えています。

なるほど。野口さんはトーマツ時代にそういった外資系のクライアントを多く担当したから理解があるということでしょうか?

はい。トーマツ時代にグローバル展開するファッションブランドの日本法人を6年間担当していました。 その時の経験からIFRSへの理解が深まり、現在の外資系クライアント支援に繋がっているのだと思います。

最後に一言お願いします

会計を通じて、顧客と一緒に会社の未来について語り合うこと、問題点から対応策を考え提案し、顧客と共に成長していくこと、それこそが会計士本来の仕事、私の使命であると考えています。会計はもちろん会社の今後についてお悩みの方、是非ご相談ください。一緒にがんばっていきましょう。

ありがとうございました!

略歴

1982年静岡県生まれ
2001年中央大学商学部 卒業
2005年有限責任監査法人トーマツ 入所 
2011年公認会計士立石善一事務所 入所
2012年野口五丈公認会計士事務所 設立
コンサルタントへのお問合せはこちら

上記バナーをクリック頂くとメールが立ち上がりますので、ご要望をご記入しご送信ください。

「もう少し具体的に教えて欲しい」、「XXXXさんに頼みたい」、「経営課題があるのだが、誰に頼んだらよいかわからない」など、どんな要望でも全くかまいません。貴社の課題、成長のために実施すべきことについて、戦略立案力・実行支援力のあるコンサルサーチスタッフが伺いお話を伺わせて頂き、ディスカッションすることも可能です。

一覧に戻る